長崎市総合運動公園(かきどまり)│陸上競技│野球│テニス│運動広場│多目的広場│ちびっこ広場│長崎県長崎市

 

かきどまりブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
2月25日 転機
2018-02-25
 
 昨日Jリーグが開幕。
 
 Vファーレン長崎はアウェイで湘南と対決。
 
 1-2で敗れはしましたが、1点取れましたし、まずまずのスタートでは
 
 ないでしょうか。
 
 とにかく今年は何とかJ1に残ることが現実的な目標になりますね。
 
 戦力的にはやはり見劣りしますので、いかにJ1常連組に食らいついていくか。
 
 サポーターも目の前の結果に一喜一憂せず、長い目でですね(^^)
 
 
 そのV.ファーレン長崎、サッカー専用スタジアムの計画が明らかになりました。
 
 しかし去年の今頃と比べたら、ホントに同じクラブなんでしょうか?
 
 去年の今頃Vファーレンは、累積赤字が問題になりJリーグの基準を満たさず、J3に
 
 落ちるかも・・・などと言われていたのです。
 
 それが高田社長が就任してから、J3どころかJ1に昇格。
 
 そして長年言われているだけで現実味のなかった、サッカー専用スタジアムの建設が
 
 現実味を帯びた計画として発表されるに至っています。
 
 今、Jリーグの中で最も話題性に富んだ、注目を集めるサッカークラブと言っても
 
 過言ではないでしょう。
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 俳優の大杉漣さんが急逝されました。
 
 66歳。
 
 ひと昔前ならば、そんなに驚きもしませんが、今や人生80年が普通。
 
 精力的な活動ぶりで、芸能関係者のコメントも「悲しい」というより、
 
 「信じられない」という。
 
 
 「信じられない」
 
 北野武監督作品「ソナチネ」のオーディション。
 
 オーディションに受かった大杉漣さんは、そんなことを思ったそうで。
 
 なぜなら、あろうことか大杉さんはそのオーディションに遅刻。
 
 会場に到着したのは、スタッフが後片付けを始めた時。
 
 北野監督は2、3秒大杉さんの方に視線をなげかけ、スタッフがひと言、
 
 「もういいです」
 
 そんな大杉さんの元に1週間後、映画「ソナチネ」への出演要請がくるのです。
 
 当初の台本ではほんの数秒の出演シーンしか予定されていませんでしたが、
 
 大杉さんの実力を見抜いた北野監督が大幅に台本を変更。
 
 大杉さんの役は端役から完全に助演と言えるキャストになりました。
 
 以後の映画、ドラマ、バラエティーでの活躍はみなさんご存知の通り。
 
 映画「ソナチネ」のオーディションが大杉さんの人生を大きく変えることに
 
 なったのでした。
 
 
 さて2月もそろそろ終わります。
 
 今年の冬は寒かったから、春の訪れが楽しみ。
 
 みなさん、張り切って遊びましょう(^^)
 
 では、また1週間後に。
 
 
 
 
 
2月18日 出来すぎた話
2018-02-17
 
 
 
 映画とかドラマとか。
 
 たま~にラブロマンスとか観ていますと、あり得ないタイミングや
 
 あり得ない場所で男女が出会ったり。
 
 「それはないわあ~」というタイミングで見られてはいけない場面を
 
 見られたり、目撃したり。
 
 話の構成上、仕方のないことなのかもしれませんが、あまりにも酷いと
 
 一挙に興醒めすることもあります。
 
 その辺りを感じさせないのが上手い監督、脚本家の腕ということになるのでしょうか。
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです・
 
 
 「平昌の熱狂」から1日経ちました。
 
 男子フィギアスケートで日本勢が1位、2位。
 
 羽生結弦選手が66年ぶりの大会2連覇。
 
 しかも4か月前のケガから復活したその初戦がオリンピック。
 
 私もショートプログラム、そして昨日のお昼に行われたフリーと
 
 テレビで観ましたが、もう神懸かっていましたよね~。
 
 まるで映画のワン・シーンを観てるかのよう。
 
 これは映画のラストシーンで、台本通りにコトが進んでいるのだから、
 
 失敗するはずがない・・・私、テレビを観ながらそんな風に感じていました。
 
 
 こうなってくると、オリンピック4か月前の怪我さえ、何か織り込み済みような
 
 そんな気がしてきます。
 
 それはワザと怪我をするわけないんですが、それさえ「前フリ」のような。
 
 すべて台本通りに・・・。
 
 たまに、ホント極々稀に、スポーツでは信じられないような出来事が起きますが、
 
 2018年平昌五輪は、長く人々に語り継がれる一つになるのではないでしょうか。
 
 
 羽生選手23歳、宇野選手20歳。
 
 次の冬季オリンピックは4年後の2022年北京(←またアジア・・・)
 
 再び2人の揃い踏みを観れるかもしれませんね、
 
 では、また1週間後に。
 
 
 
2月11日 アメリカで一番有名な日本人
2018-02-10
 
 
 
 平昌オリンピックが始まりましたね。
 
 開会式が2日前に行われていました。
 
 オレンジのユニフォームがなかなかカッコよかったんじゃないでしょうか。
 
 目立ってましたし(^^)
 
 せっかく世界各国が一堂に集まるのですから、日本のセンスの良さや品の良さ
 
 アピールしたいところ。
 
 次の夏はいよいよ東京ですからね(^^)
 
 今回は有力な競技種目が多いですから、テレビ観戦も楽しめそうです。
 
 フィギアスケートにスピードスケート、ジャンプに複合辺りがメダル有力
 
 みたいで。
 
 テレビ観てるとオリンピックでメダル獲ると、やっぱり違うなあ~っていう
 
 気がします。
 
 カヌーで日本人初のメダリストになった羽根田選手なんて、誰が知ってました?
 
 ホント失礼ですけど、だ~れも知らなかったでしょ、世間的には。
 
 それがよくテレビで見かけるようになって、スポンサーもついたらしく。
 
 オリンピックに出てメダルを獲ると獲らないでは大違い。
 
 選手にはご自分のために精一杯頑張ってほしいです(^^)
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 日本では今、スポーツ言えばオリンピックですが、今日はですね~海の向こうから
 
 届いたビッグニュースをお知らせしますよ~なぜか日本ではほとんど報道
 
 されませんが(^^;
 
 
 4月8日にアメリカ・ニューオリンズで開催されるレッスルマニア34
 
 日本人2人の参戦が決定!
 
 しかも2人ともビッグタイトルに挑戦する主要カードで登場します!!
 
 
 ・・・・・
 
 ・・・・・
 
 ・・・・・
 
 ・・・・・何?その反応?
 
 聞いてんの?人の話?
 
 頭の上に「?」マーク並べてんじゃないよ。
 
 
 レッスルマニアとは世界最大のプロレス団体WWEが開催する世界最大の
 
 プロレス大会。
 
 観客動員数は100,000人、世界180以上の国と地域に配信され、
 
 全米の視聴者数は1,000万人以上。
 
 これ、いわゆる地上波じゃないですからね。
 
 みんなお金払ってテレビ観てるんです。
 
 このメジャーリーグのワールドシリーズやNFLのスーパーボールに匹敵する
 
 スーパーイベントに日本人2人がメインで出場するんです!!
 
 ・・・伝わらない?
 
 ・・・凄いんですけど。
 
 
 その日本人2人とは中邑真輔選手と女子プロレスのアスカ選手。
 
 2人ともWWE王座に挑戦するんです。
 
 もしタイトルを獲ったら、それはプロレス界においてはっきり頂点に立ったと
 
 言えます。
 
 中邑選手(2016年4月当ブログ「鮮烈なデビュー」で紹介)、アスカ選手とも
 
 レッスルマニア34の放送が終わったら、アメリカで5指に入る有名な日本人になって
 
 いるでしょう。
 
 あのイチロー選手を超えるかも。
 
 このプロレスイベントは、そう言えるほどのイベントなのです。
 
 
 ・・・伝わらないかあ
 
 ・・・己のボキャブラリーの貧困さが身に染みる
 
 
 まあとにかくですね、4月の8日周辺になったら、ボチボチとテレビ
 
 などで紹介されると思いますから。
 
 ちょっと気をつけて見てみてください。
 
 「百聞は一見に如かず」
 
 どれほどのイベントか実感できると思います(^^)
 
 
 それはそうと、3日後に迫ってきました。
 
 全国チョコレート争奪選手権大会、通称バレンタインデー。
 
 本命男子をゲットできるように、女子のみなさん頑張ってください!
 
 男子のみなさん、「とりあえず1個」を目標に頑張りましょう!
 
 関係のないみなさん、1日無心で過ごしましょう(^^;
 
 では、また1週間後に。
 
 
 
 
2月4日 不老不死に挑む!
2018-02-04
 
 
 
 昨今のスポーツ界で顕著な特長の一つ。
 
 それは選手寿命が延びたことです。
 
 Jリーグ、横浜FCに所属する三浦知良選手は50歳。
 
 次の誕生日2月26日で51歳になります。
 
 まだ所属する球団が決まっていませんがイチロー選手は44歳。
 
 もうすぐ開幕する平昌オリンピックに出場する葛西紀明選手45歳。
 
 昨年引退してしまいましたが女子テニスの伊達公子選手は45歳。
 
 その他のスポーツ、例えば陸上競技でも年々選手寿命は延びている印象です。
 
 本人の日々のたゆまない努力が一番の要因でしょうが、医学やトレーニング理論、
 
 栄養学、サプリメントなどの進化も見逃すことはできないでしょう。
 
 そして現代科学は選手寿命どころか、人間の寿命そのものを飛躍的に延ばすことに
 
 本格的に挑み始めました。
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 その昔、いやもうず~~~っと昔ですが、紀元前221年に史上初めて中国を統一した
 
 秦の始皇帝。
 
 絶対権力者となった彼が中国全土統一の次に望んだものが不老不死。
 
 号令一下、不老不死の秘薬を当時の科学者たちに作らせます。
 
 (その秘薬が元でかえって寿命を縮めたという・・・) 
 
 また秘薬を求めて徐福に莫大な金銀財宝を持たせて旅立たせたりもしました。
 
 (そのまま逃亡されて金銀財宝は水の泡・・・徐福伝説
 
 結局莫大な富を注ぎこんでも不老不死は実現できませんでした、現代に生きる私たちに
 
 とっては当たり前ですが。 
 
 多くの人にとって、不老不死なんてちょっと怪しい、オカルト的なものなんですけど、
 
 今や世界に冠たる大企業が本気印で取り組んでおります。
 
 
 まずはGoogle。
 
 もうそんな不老不死なんてオカルト的なところから遠い存在のGoogle。
 
 しかしやっておりますよ~不老不死の研究。
 
 「老化遺伝子の書き換え」
 
 遺伝子の情報を書き換えて、老化を防止するんですって~!(←意味が分からない(^^;)
 
 あと
 
 「ナノロボット」
 
 お薬の錠剤に組み込まれた超小型のロボットが血流に乗って体の悪いところに到達。
 
 免疫力を向上させる働きかけをするそうで(←ついていけねえ・・・)
 
 
 「アバター」
 
 こちらはロシアの大富豪イツコフ氏が巨額の資金をつぎ込んで行っている研究。
 
 自分の脳と意識を機械にアップロードするという研究なんですが、2045年までには
 
 その技術ができあがると豪語。
 
 そのとき彼は97歳
 
 絶対にその時まで生き残ると執念を燃やしているとのこと。
 
 
 そしてバイオ技術企業キャリコが発表したプレスリリース。
 
 「ハダカデバネズミ」
 
 哺乳類で唯一老化しないそうです、この生き物。
 
 通常4年といわれるネズミの寿命なんですが、このネズミ30年以上生きるそうです。
 
 それだけではなく、ガンへの耐性があり、痛みを感じず、無酸素状態で20分以上
 
 生き延びるというスーパーな生き物。
 
 この生き物の秘密を解き明かし、人間に転用できるかどうかの挑戦が始まろうと
 
 しています。
 
 
 まあ・・・私が生きている間には実現しそうにないかなあ、不老不死。
 
 それにず~~~っと生きるっていうのも疲れそうな気もしますねえ。
 
 何事もほどほどがいいようで。
 
 では、また1週間後に。
 
 
 
1月28日 J1がやって来る!
2018-01-28
  
 
 
   国見高校出身で、ベガルタ仙台でプレーしていた平山相太選手が
 
 引退を発表しました。
 
 残念、という思いと同時に時の流れの早さを感じます。
 
 平山相太選手といえば、やはり2003年の全国高校サッカー選手権でしょう。
 
 平山選手は2002年に続いてこの年も得点王を獲得。
 
 前人未到の2年連続得点王、選手権通算17ゴール。
 
 「怪物」という活字が新聞紙上で毎日踊り、凄い高校生が現れた!
 
 そんな感じでしたね~高校生とは思えない注目度の高さでした。
 
 将来が本当に期待されたのですが、プロ入りしてからの平山選手は高校生の時と
 
 比べると、華々しいとはいえない活躍。
 
 オランダ・ヘラクレス~東京FC~ベガルタ仙台とチームを移籍しましたが、チームの
 
 主力としてなかなか定着できず、苦しいシーズンを繰り返しました。
 
 ベガルタに移籍した昨年は春先に足首の故障で離脱。
 
 遂にリーグ戦で1試合も出場できず、今シーズンの契約も済ませていたのですが、
 
 ユニフォームを脱ぐ決断をしました。
 
 「V.ファーレンでプレーしてくれれば盛り上がるのになあ・・・」そんな思いも夢と消え。
 
 将来は指導者も視野に活動するとのこと。
 
 自身に続く怪物を育てられるでしょうか。
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 平山選手の引退は残念ですが、今年はV.ファーレンがJ1に昇格しています。
 
 長崎のサッカーは盛り上がること間違いなしです。
 
 先日、開幕カードが発表になりました。
 
 V.ファーレンのJ1初陣はVS湘南。
 
 2月24日(土)BMWスタジアム湘南で。
 
 そしてそして、長崎でのホーム開幕戦は3月3日(土)トランス・コスモススタジアムで。
 
 九州におけるJ1の先輩(みんな先輩ですが・・・)鳥栖と九州ダービー。
 
 スタンドが埋まること必至です。
 
 
 いや、今年からはですね~降格さえしなければ、浦和や横浜M、鹿島にG大阪といった
 
 国内ビッグクラブが当たり前のように来るわけです。
 
 大人が観戦を楽しむのはもちろんのこと、やはり長崎でサッカーをしている子供たちへの
 
 影響は大きいと思います。
 
 一流どころのプレーを間近で観れるんですから。
 
 ぜひ子供たちにたくさん観戦してもらいたいものです(^^)
 
 
 寒さが一段と厳しい今日この頃。
 
 身も心も暖かく(できれば)過ごしましょう(^^)
 
 では、また1週間後に。
 
 
<<株式会社 長崎消毒社>> 〒852-8041 長崎県長崎市清水町5番71号 TEL:095-844-3045 FAX:095-845-0014