長崎市総合運動公園(かきどまり)│陸上競技│野球│テニス│運動広場│多目的広場│ちびっこ広場│長崎県長崎市

 

かきどまりブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
3月19日 選抜高校野球開幕
2017-03-19
 
 
 
 
 WBCもいよいよ準決勝。
 
 日本の相手は開催国アメリカ。
 
 アメリカも今回はやや本腰を入れた感じで、メジャーリーガーをズラリと揃えた超難敵。
 
 日本の苦戦は免れないでしょうね。
 
 せっかくアメリカでやるんですから、ここからでもダルビッシュ、田中、前田、岩隈といった
 
 メジャーでも一線級の投手が参加できないものでしょうか(^^;
 
 準決勝は22日10時の試合開始(日本時間)
 
 みなさん、お仕事といった方が多いでしょうが、まあ何年かに1回ですから(^^)
 
 今日のアメリカVSプエルトリコが事実上の準決勝なんていうメディアもいて、失礼千万!!
 
 これを日本代表には覆してもらいたいもの。
 
 お忙しい人もそうじゃない人も、ちょっと3時間ほど休憩して、みんなで応援しましょう!(^^)!
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 WBCもいよいよ佳境にはいってきましたが、国内では今日、春の選抜高校野球が
 
 開幕。
 
 ただ今年は長崎からは選ばれていませんからね~(^^;
 
 こういうときは、ちょっと変わった、選抜だからこそお目にかかれる、そんなチームに
 
 注目してみましょう。
 
 選抜だからこそ・・・それが21世紀枠
 
 選抜に出場する正規ルートといえば、各都道府県の秋季予選で決勝まで進出し、そこから
 
 各地方の大会に出場(九州大会、関東大会みたいな)、そこでベスト4に進出・・・というもの。
 
 (試合内容によっては、ベスト4に進出しても選ばれない場合もあります)
 
 それに対し21世紀枠は、「文武両道」「逆境を乗り越えて」など他の模範となるようなチームが
 
 選ばれます。
 
 それでも、全く実力が問われないということはなく、概ね都道府県大会ベスト8以上に進出しなれば
 
 なりません。
 
 あんまり弱いと試合になりませんからね(^^;
 
 今年は地元・長崎東高校がその21世紀枠の候補に挙がっていたようですが落選。
 
 まあ枠が全国で3つですから、なかなか難しいのでございます。
 
 プレゼンを元ジャパネット社長の高田さんがやってくれれば、選ばれるかもしれませんね~(^^)
 
 
 さて、今年21世紀枠で選ばれたのは次の3校。
 
 
 不来方・・・読めませんよね(^^;
 
       「こずかた」と読むのだそうで。
 
       もちろん、名前が珍しいからということで選ばれたワケではないですよ。
 
       なんと部員はたったの10人。
 
       2人怪我したら、もう没収試合というギリギリのチームです。
 
       少子化で部員不足に悩まされているのは、どこも同じですが、このチームは10人で
 
       岩手県大会決勝まで進出。
 
       見事、21世紀枠を勝ち取りました。
 
       この高校、部活がとても盛んでですね~中でも合唱部は全国レベルだそうです。
 
       甲子園に備えて、校歌斉唱の録音をその合唱部が行ったそうですから、ちょっと
 
       聴いてみたい(^^)
 
 
 中 村・・・県内屈指の進学校。
 
       こちらも部員は16名。
   
       しかも全員、地元中学校の軟式野球部出身。     
 
       人数は少ないですが、高知県大会では四国の雄、明徳義塾を決勝で破って優勝。
 
       四国大会でもベスト8まで進出、しかも県大会で破った明徳義塾が四国大会を制し、
 
       さらに評価が上がりました。
 
       過疎地域にあることから、練習試合もなかなか組めない中、この成績を出したという
 
       ことで選出。
 
       先輩は「二十四の瞳」と呼ばれ、部員12名で甲子園準優勝したという古豪でもあり
 
       ます。
 
 
 多治見・・・極狭のグラウンドというハンデをものともせず、練習にテニスボールやバドミントンの
 
       シャトルを取り入れるなど、工夫に工夫を重ねた練習で実力をつけ、岐阜県内公立普通
   
       進学校としては39年ぶりに県秋季大会で優勝。
 
       見事、21世紀枠での出場となりました。
 
       進学校ですからね~練習時間もありません。
 
       午後6時半、完全下校。
 
       と、いうことは、6時過ぎには練習を終わらないといけないワケで。
 
       いかに効率よく、そして効果的な練習を積み重ねてきたか分かるというもの。
 
       偏差値は59!
 
       文武両道とはこのことです。
 
 
 不来方の1回戦の相手は静岡で大会5日目の23日に登場。
 
 そして中村と多治見は大会2日目ですから、明日登場します。
 
 多治見は第2試合で地元で強豪の報徳学園、中村は第3試合で群馬の伝統校、前橋育英。
 
 勝つには難しい相手ですが、ここを乗り越えれば勢いもつくというもの。
 
 どこまでいけるか注目したいと思います。
 
 
 今日はいいお天気で、たくさんの家族連れで賑わっていました。
 
 もうすぐ春ですね~(^^)
 
 色々と計画立てて楽しみましょう。
 
 では、また2、3日後に。
 
 
 
3月14日 ホワイトデー
2017-03-14
 
 
 
 
 今日はホワイトデー。
 
 いつの間にやら「倍返し」などと言われるようになりました。
 
 まあ、言い始めたのは女性でしょうが(^^;
 
 ホワイトデーはバレンタインデーとは違い、その起源がハッキリしております。
 
 元祖は日本の全国飴菓子工業協同組合。
 
 したがって、欧米にホワイトデーなる習慣はありません。 
 
 組合さんの前に不二家などが始めているのですが、今のように定着させたのは組合さんです。
 
 ホワイトデーの制定は1978年。
 
 ホワイトデーのキャンペーンは1980年にスタート。
 
 私も小学生の頃、ワケも分からずお返ししていたような記憶があります。
 
 しかし、今や女性のご希望はお菓子から離れ、ジュエリーにバッグ、高級レストランと
 
 あらぬ方向に進んでしまい、組合さんも男性陣も涙目。
 
 国や業界の制度なんていうものは、まだまだ男性中心にコトが進むのでしょうが、世の中の
 
 流れやムーブメントは、今も昔も女性が作り出すものなのでしょうね~(^^)
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 男性陣のみなさま。
 
 お返しは上手いこといったでしょうか?
 
 ほとんど義理返しですが、それでもやはりセンスが問われるというもの。
 
 お返しする相手が、本命なら尚更です。
 
 お返しして、逆に評価を下げることもありますので、気をつけましょうね~お互い(^^;
 
 失敗したみなさま。
 
 来年は頑張りましょうね~(^^)
 
 その前に義理チョコさえ貰えないという事態になるかもしれませんが(^^;
 
 「とにかくお返しを考えるのが難しいんだよなあ」という、そんな男性陣に
 
 「本命女子が望むホワイトデーのお返しランキング」なるものをご紹介しましょう(^^)
 
 では、早速。
 
 
 第5位 (高級)スイーツ
 
 
 まあまあ。
 
 別にキャンディーでもクッキーでもいいんだけど、でもやっぱり・・・。
 
 普段食べないようなのがいいな、みたいな気持ちが透けて見える意見ですね(^^)
 
 男性としても選ぶのが、そんなに難しくありません。
 
 
 第4位  クッキー
 
 
 う~ん・・・。
 
 このアンケートの年齢層って、どうなってるんでしょう。
 
 クッキーなんて、私の中では選択肢の中に入ってきません。
 
 
 第3位  食事
 
 
 これは分かりますよね~(^^)
 
 しかも男性としてもお店選びに、そんなに悩まずに済むのではないでしょうか。
 
 何をお返しするか悩んだら、これがいいかも。
 
 
 第2位  アクセサリー
 
 
 出ました。
 
 かなりハードル高いですよね~(^^)
 
 さすが2位でございます。
 
 これはもう、お店に一緒に行って選んでもらわなければなりません。
 
 下手に自分のセンスでいっちゃうと、1か月後、質屋の店頭に並ぶということにも(^^;
 
 そりゃ、際限なくお金を遣えるんなら選ぶのも楽でしょうが(^^)  
 
 
 さあ、そしていよいよ第1位の発表です。
 
 
 1位  要らない
 
 
 ・・・見間違いでしょうか。
 
 もう一度、確認してきましょう。
 
 
 
 1位  要らない
 
 
 
 
 嘘だあ~~~~~!!
 
 
 「え~、お返しなんて要らないよ~(^^)」
 
 なんて言っておいて、ホントに何にも返さなかったら怒るよね?
 
 
 怒りますよね、確実に。
 
 
 気をつけましょうね~男性陣のみなさま。
 
 額面通りに受け取ってはいけません。
 
 言葉と心は裏腹なのでございます(^^)
 
 あ~怖っ!
 
 
 今日はビッグNで巨人とソフトバンクのオープン戦が行われていました。
 
 平日昼間にも関わらず、1万人の観衆が集まったとか。
 
 そして現在、日本代表がキューバと対戦中。
 
 2-2の同点で4回まで進んでおります。
 
 そろそろ応援に集中します。
 
 では、また2、3日後に。
 
 
 
3月12日 スピードアップ反対派2~クリケット~ 
2017-03-11
 
 
 
 
 東日本大震災から6年が経過しました。
 
 長崎にいると、どうしても地震被害やその後の不便な生活についてまで、思いが及びませんので
 
 意識することも難しいですが。
 
 それでも昨日は管理事務所でも黙とうを捧げて、地震や津波で犠牲になられた方々、そしてご遺族に
 
 思いを馳せたのでございます。
 
 今日もかきどまりはスポーツ大会や散策、ジョギングを楽しむ人で賑わっていました。
 
 それも平和な日々があればこそ。
 
 長崎は元々、災害が少ない土地柄ですが、これからもそうあって欲しいものです。
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 いい天気が続きますね(^^)
 
 朝夕の気温はまだ低いですが、日中は外にいた方が暖かいくらい。
 
 春が近づいてきました。
 
 
 さて今日はクリケットを学んでみましょう。
 
 スピード化が求められる現代において、悠然と存在するスポーツ、クリケット。
 
 もちろん現代に合わせて、時間が短くなるような試合形式もありますが、もっとも伝統的な
 
 国別対抗戦形式だと、試合時間は最大5日間にわたるという、なんとものんびりとしたスポーツ
 
 なのです。
 
 
 1チームは11人で構成されています。
 
 これ、どこかで聞いた人数ですよね~(^^)
 
 フットボール(サッカー)と同じ人数。
 
 イギリスで生まれたスポーツということが関係しているのでしょうか。
 
 試合は攻撃側と守備側に分かれて行われます。
 
 ですので、サッカーやラグビーのように、攻撃と守備が瞬時に入れ替わるなどということは
 
 ありません。
 
 野球の原型と言われているように、そのルールは野球に(歴史的に言うと「野球」)似ていて、
 
 バッターとピッチャー(クリケットでは「バッツマン」と「ボウラー」)がいて、守備がいて、
 
 攻撃側は得点を目指し、守備側はバッターをアウトにすることを目指します。
 
 
 細かいことは置いといて、私たちが知っている野球のルールとの違いが面白いのです。
 
 例えばですね・・・
 
 
 フィールド内360℃、どこに打ってもフェア
 
 
   え~!!
 
 野球って基本、前に打たないと攻撃になりませんが、クリケットは違います。
 
 野球でバックネット方向に飛ぶファールなんかも、クリケットはOK。
 
 守備が大変そうだ(^^;
 
 あと野球はベースが4つですが、クリケットは2つ(ベースとは言いませんが)
 
 野球のようにグルグル回らず、2地点を往復すると1点みたいな感じです。
 
 またこれもイギリス生まれのスポーツということが関係しているのでしょうが、試合に入って
 
 しまえば、監督に出来ることは少なく、試合中はキャプテンの指示によってゲームが進みます。
 
 
 まあ、他にもたくさん野球との違いはあるのですが。
 
 試合中にティータイムやランチタイム、ドリンクタイムがあるなど、なんとも優雅なスポーツ。
 
 イギリスの上流階級が発祥ということですから、そのことも関係しているのでしょうが、世の
 
 スピード化の流れを意に介していない空気をもっているスポーツです。
 
 
 そのクリケットを改良したのがアメリカ。
 
 それはベースボールとなって、現代まで発展し続けています。
 
 アメリカンフットボールが、イギリスのフットボールを改良して発案されたように、ヨーロッパから
 
 アメリカ大陸に渡った人々の「イギリスとは違う国を創る!」という気骨を感じることができます。
 
 
 クリケットのアメリカ版ともいえるベースボールは、ただ今WBCの真っ最中。
 
 今日から日本は予選2次ラウンド。
 
 対戦相手はオランダ。
 
 オランダっていえば、オレンジ軍団のサッカーを思い浮かべるのですが、実はある事情によって
 
 ベースボールも強いのです。
 
 他にも近年、急速に実力をつけているチームがチラホラ。
 
 その辺りに、次回は触れてみたいと思います。
 
 では、また2、3日後に。
 
 
 
3月7日 ワールドベースボールクラシック(WBC)
2017-03-07
 
 
 
 
 ワールドベースボール・クラシックと言えば・・・ 
 
 イチロー選手が、第2回WBC決勝の韓国戦で優勝を決めるセンター前ヒットを放った場面。
 
 その場面を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
 
 あれが2009年3月24日。
 
 もう8年前になるんですね~。
 
 時の流れは早いのでございます(^^;
 
 ホント気をつけましょうね(^^)
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 第4回WBCが開幕。
 
 その開幕戦で韓国(世界ランキング3位)が、予選を突破してWBCには初出場のイスラエル
 
 (世界ランキング41位)に敗れる大波乱。
 
 そしてそしてそのイスラエルが今日、台湾(世界ランキング4位)を圧勝で撃破。
 
   まあ何ですか。
 
 イスラエルは今回、ユダヤ系アメリカ人で選手を固めておりまして、今までのイスラエルとは
 
 全然中身が違うワケです。
 
 ほぼメジャーリーグのマイナー選手で、登録人数28名中実際にイスラエルに住んでいるのは
 
 1人だけ。
 
 しかし、今まで弱かったチームが強くならないと、国際大会というのは盛り上がりと広がりを
 
 みせないので、とにかく弱いチーム、弱かったチームが強くなるようなルール改正をどんどん
 
 やった方がいいでしょうね。
 
 
 さて、日本は今日が初戦。
 
 日本の世界ランクは1位。
 
 
 世界最強でございます。
 
 
 ただ・・・今回もまた日本人メジャーリーガーは続々と不参加を表明。
 
 いや~残念ですけど、仕方ない。
 
 だってですね~彼らは年間何十億円という契約をしているのです。
 
 それがもし、WBCで怪我することにでもなったら、チームにとってはとんでもない損失。
 
 そのリスクを考えると、とてもじゃないけど手を挙げられない・・・そんな気持ちになるのも
 
 頷けますし、チームとしても出場させたくないという空気になると思うんですよね~。
 
 だから私としては、開催を8月にしてもらいたい!!
 
 8月だったらですね~メジャーリーグでは優勝を目指すチームとシーズンを諦めて来季を見据える
 
 チームの色分けがハッキリできていて、少なくとも優勝やプレーオフを諦めたチームに所属して
 
 いる選手は出やすいんではないかと。
 
 日本のプロ野球も大勢は決してますから、下位チームの主力を中心にホントにいい選手を集められ
 
 ますし。
 
 万が一怪我をしてもですね、来シーズンの開幕には間に合うんじゃないかって思うんですよ。
 
 「シーズンを中断できないから」という理由で3月なんですが、せっかくの世界大会ですから、
 
 やはりその国が揃えられるベストに近いチームを見たいなあと。
 
 今の状態はサッカー・ワールドカップでいえば、アルゼンチンもポルトガルもブラジルも出場
 
 しているのに、なぜかメッシやクリロナ、ネイマールもいませんみたいな。
 
 そんな感じ。
 
 とことん利益を追求するメージャーリーグが主導しているWBCですから、シーズン中断による
 
 損失を考えているのでしょうが・・・。
 
 そんなメジャーリーグ機構幹部のみなさんには、ベースボールランキング1位の日本に古くから
 
 伝わる、こんな言葉を送りましょう。
 
 
  損して得取れ
 
 
 今日はクリケットについて調べる予定でしたが、WBC開幕ということで
 
 次回に持ち越し。
 
 ただ今、テレビは日本のWBC初戦、日本VSキューバを放送中。
 
 まだ初戦ですから(^^)
 
 心静かに応援しましょう。
 
 では、また2、3日後に。
 
 
 
3月3日 スピードアップ反対派
2017-03-03
 
 
 
 
 「スローライフ」という言葉が日本で言われるようになったのは、今世紀に入って
 
   からのことだそうで。
 
 
 「なんでもかんでも急いでやればいいってもんでもねえだろ。」
 
 
 こんな考え方がわざわざ取り上げられるということは、やはり現代ではスピードが求めれるん
 
 ですね~何事も。
 
 私もよく利用しますが、ネットショップのスピード化は凄まじく「アスクル」なんて当たり前、
 
 注文して到着まで即日(オプション)なんてサービスも登場。
 
 そんな急ぐ?(^^)
 
 あんなものは到着までのんびり待つのが精神的にもいいと思うんですけどね~。
 
 まあ今や生活必需品までネットで注文する時代ですから、そういうものは早く配達された方が
 
 いいんでしょうけど。
 
 世間のムードが急か急かしているみたいで、個人的にはイヤな流れでございます。
 
 
 みなさん、こんばんは。
 
 公園スタッフのくちぶえです。
 
 
 スピード化が求められるのは、実生活だけではなく、スポーツ界も同じでございます。
 
 試合時間があらかじめ決まっている競技、サッカーとかラグビーとかいうのは、やりようが
 
 あまりありませんが、決まっていないスポーツについては軒並み。
 
 バレーボールなんて昔はサーブ権を持っていないと得点になりませんでしたが、今では
 
 ラリーポイント制。
 
 サーブ権がなくともラリーを制すれば、そのまま得点になります。
 
 
   柔道も試合時間短縮が検討されているみたいですね~5分→4分。
 
 大体、元々武道なんですから、1本以外要らないでしょ~と言いたくなります。
 
 1本取るまで、何分、いや何時間でもやってくれた方が観てるほうは面白い。
 
 (実況)
 
 「東京オリンピック、柔道は白熱の決勝戦、ついに試合時間1時間を突破しました~!!」
 
 
 こんなことになったら、日本中が観るんじゃないでしょうか(^^)
 
 
 ベースボールもスピード化が言われていますね。
 
 メジャーリーグでは今シーズンから「敬遠の申告制」が始まります。
 
 つまり今までは敬遠するのでも、いちおう4球投げないといけなかったのですが、守備側が
 
 「敬遠します」と審判に言えば、その時点で敬遠となり打者は一塁へ。
 
 そんなんで何分も縮まらないでしょ~(^^;
 
 大体、野球なんてのは忙しくないのがウリ。
 
 観てる方はビール片手にのんびりと。
 
 集中して観るところと、そうじゃないところ。
 
 ONとOFFが観客に、そしてプレーヤーにもあるのがベースボール、野球のいいところだと
 
 思います。
 
 あと敬遠を申告制にしてしまうと、敬遠球を打ってサヨナラゲームなんていうドラマも
 
 なくなっちゃうんですよね~。
 
 敬遠球を暴投してサヨナラ、なんていう信じられない結末もなくなっちゃいます。
 
 ぜひ撤回していただいて、敬遠は今の制度を続行してもらいたいものです(^^)
 
 
 この現代のスピード化の流れを全く無視しているスポーツ。
 
 それがインドで絶大な人気を誇り、野球の原型とも言われているスポーツ、クリケット
 
 試合時間がなんと数日に渡るという(^^;
 
 ちょっと面白そうなので、次回はクリケットに触れてみることにしましょう。
 
 
 3月に突入しました。
 
 年度末という方も多いですよね。
 
 忙しいでしょうが、何とかなります。
 
 
 毎年、何とかなってる んですから(^^)
 
 
   ボチボチいきましょう。
 
 では、また2、3日後に。
 
 
<<株式会社 長崎消毒社>> 〒852-8041 長崎県長崎市清水町5番71号 TEL:095-844-3045 FAX:095-845-0014